【奨学金破産の回避術5選】奨学金のを正しく活用し学生生活を充実させよう!

【奨学金破産の回避術5選】奨学金のを正しく活用し学生生活を充実させよう!

昨今では大学生の約2人に1人が奨学金を受け取ると言われています。奨学金は学生が障害のキャリアに向けて支援されるものというイメージが強いですが、お金を借りるということで借金であると言うことができます。安易に借りれば後で苦しむ可能性のある奨学金について前もって知っておくべきことを見ていきましょう。

どんな奨学金の種類があるのか

奨学金には多くの種類があります。大まかに言えば、「給付型奨学金」と「貸与型奨学金」があります。 「給付型奨学金」は返還が必要ない奨学金、「貸与型奨学金」は返還が必要な奨学金です。

最も利用されている奨学金は、日本学生支援機構からの貸与型奨学金です。無利子の「第一種」の奨学金と利子のある「第二種」の奨学金があります。

前者のタイプは学力や収入などの採用基準が厳しく、後者のタイプは基準が緩い。返済が不要ということで給付型が一番メリットが大きいですが、日本学生支援機構の給付型奨学金の条件は貸与型よりも厳しく、居住税が免除される世帯(住民税非課税世帯)などの経済的理由から進学が困難な学生が対象となる制度です。

返済計画について考えてみましょう

貸与型の奨学金を借りた場合、貸与期間終了後(卒業後であることが多い)7ヶ月で返金が始まります。 3月に大学を卒業して貸与が終了した場合は、同年10月から返金を開始します。

次のケースを考えてみましょう。

<第二種奨学金を月額10万円、貸付金利0.10%で借りる場合>

融資総額:480万円

返品期間:20年(月払い)

払い戻し金額:20,210円/月最終版20,396円/月

返品回数:240回

返金総額:4,850,586円

20年間月2万円を返還することをし続けなければなりません。 23歳で返済を始めた場合、43歳で完済します。多くの人がこの期間中に結婚、出産、住宅購入などのさまざまなライフイベントを経験します。月額2万円を遅滞なく返済するためには、ライフイベントと併せて奨学金の返済を検討する必要があるので、慎重に返済計画は考えるべきです。

たとえば、住宅ローンを借りる場合、奨学金の有無が住宅ローンの審査に影響します。これは、奨学金の返済額分だけ年収に対する返済率が高くなるためです。

これを回避する1つの方法は、住宅ローンを取得する前に奨学金を繰り上げ返済することです。奨学金の前払いは期間が短縮されます。返金期間を短縮することで、その期間の利息を支払う必要がなくなります。

しかし、2019年の奨学金の金利は0.015%から0.153%(固定金利法)の範囲であり、非常に低い金利と言えます。 20年間で約5万円の利子があることを考えると、前払いによる利子削減効果は低いと言えます。したがって、前払いを強制する必要はないと思います。

住宅ローンとの重複を避けたい場合、または迅速に返済して更新したい場合は、家計に影響を与えない限り、余剰資金を繰り上げ返済に使用することをお勧めします。

奨学金破産とは何ですか?

近年、奨学金を借りても返済できず破産してしまう「奨学金破産」が問題になっています。 2016年までの5年間で、奨学金による自己破産は15,338件あり、そのうち8,108件が奨学金の借り手、5,499件が連帯保証人、保証人が 1,731件でした。

このように、本人だけでなく保証人となった人も債務を負っており、その結果、保証人も破産し、「自己破産の連鎖」を生み出しています。これを防ぐために奨学金を借りる前に考慮すべきいくつかのポイントがあります。

奨学金を借りる際に知っておくべき5つのポイント

1.検討する場合、給付型→無利子型→有利子型の順。

「成績が悪く、両親の収入も少ないので、奨学金をもらえない」と簡単に諦めないでください。まず、給付型の奨学金について考えてみましょう。

2020年4月から低所得世帯向け(主に住民税非課税世帯)の給付型奨学金がリニューアルされました。日本学生支援機構の応募資格がない場合でも、大学が独自に給付型奨学金を設置したり、地方自治体や企業が給付型の奨学金を支給したりする場合があります。利用可能なものがあるかどうかを調べてみましょう。

また、多くの奨学金は併用することが可能なので、無利子で利用できる奨学金がある場合はその奨学金を優先し、十分な奨学金がない場合は有利子型と組み合わせた方がよいでしょう。

2.高校から準備をはじめる

奨学金の申請には、高校3年生のときに申請する「予約採用」と、大学入学後に申請する「在学採用」の2種類があります。多くの給付型奨学金は奨学金のために予約されているため、高校3年生のときに申請する準備をする必要があります。

ただし、ここで注意していただきたいのは、予約採用の学力試験では、高校1年生の成績証明書を添付する必要がある場合が多いということです。つまり、試験は高校の入学から始まると考えることができます。

3.保証人を設置しない

奨学金破産では、奨学金を借りた人が返済できなくなった場合、保証人に債務が請求され、返済できない場合、保証人も破産します。

これを防ぐ一つの方法は、奨学金を借りるときに保証人なしで機関保証を使用することです。この場合、破産した場合は保証機関が負担します。奨学金から控除の形で差し引かれる機関保証を使用するための保証料があります。

第二種奨学金で4年間月額5万円を借りた場合、2019年の保証料は月額2,108円です。保証料は安くはありませんが、保証人の財政状況が厳しい場合は利用を検討してください。

4.何のために借りるかを考える

貸与型の奨学金は、将来自分でお金を払えば得られるお金です。言い換えれば、あなたは将来あなた自身からお金を借りていると言うことができます。借りたお金を簡単に返済できる未来の自分になるためには、奨学金を使う必要があります。

このように考えると、大学で遊ぶだけでなく、この大学で過ごしてもいいのか、この学部でもいいのか、借りる必要があるのか​​など、いろいろな疑問が生じると思います。それだけ奨学金の利用を検討する際に意識があれば、将来苦しむ可能性は少なくなるでしょう。

5.救援システムを使用する

考えて借りても、奨学金の返還が難しい場合があります。その際、以下の2つの救援システムについて考えてみましょう。

●減額返還

災害、怪我、病気、経済的困難、失業、その他の困難な返済状況が発生した場合、月々の返済額は半分または3分の1に減額され、それに応じて返済期間が延長されます。道。

●返還期限猶予

こちらのシステムは、災害、怪我や病気、経済的困難、失業、またはその他の困難な状況が発生した場合に、一定期間、返品期限を延期します。延期できる期間は合計10年に制限されています。

いずれの場合も、返済額が減らないため、一時的な側面がありますが、これらの制度を利用せずに滞納金が発生した場合、返済額が増加し、追いつく必要があります。返品が厳しくなった場合は、お早めにお申し込みください。

奨学金は、主に勉強したい学生を助けることを目的としています。奨学金を利用することで後の人生に傷をつけてはいけません。初期の準備や制度を理解し、奨学金を味方にして明るい未来を創造していただきたいと思います。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると