【奨学金は一括で返済できる?】奨学金を一括で返すメリットと共に解説!

【奨学金は一括で返済できる?】奨学金を一括で返すメリットと共に解説!

「奨学金を一括返済することにメリットはありますか?」そのような疑問をもつ人のために、このコラムでは奨学金を一括返済するメリット・デメリットを解説します。

日本の就学率(専門学校・大学・短期大学等)は80%を超えており、奨学金の利用者も増えています。奨学金にはいろいろな種類がありますが、今回は利用者が多い日本学生支援機構の奨学金をもとに考えていきます。

また、ガクシーでは充実した奨学金検索機能や、アカウント登録後のリマインド機能から、あなたに合った奨学金を見つけ忘れずに申し込みをするところまでサポートしています。

申し込みの期日のリマインドや、お得な奨学金情報は会員登録をすると受け取ることができます。 是非登録してお得な奨学金情報を漏らさずチェックしてください。

▼会員登録する
https://gaxi.jp/auth/login

目次

  1. 奨学金の一括返済(繰り上げ返還)とは何ですか?
  2. 奨学金の前払いのメリット
  3. 奨学金の一括返済(繰り上げ返還)方法
  4. 一括返済を申請できるタイミングは?
  5. 一括返済後に支払いを休憩することはできる?
  6. 一括支払いの有無により、返済総額はどのくらい変わる?
  7. まとめ

奨学金の一括返済(繰り上げ返還)とは何ですか?

日本学生支援機構(JASSO)が提供する奨学金には、返済不要の給付型奨学金と卒業後の返済が必要な貸与型奨学金の2種類があります。 2017年にJASSO奨学金を受給した学生数は129万人に達し、大学などの学生のうち2.7人に1人がこの奨学金を利用しています。

貸与型奨学金を受給した場合は、大学または専門学校などを卒業したあとに返済をおこないます。その際に、月ごとの返済日を待たずにいつでも前払いをすることができます。これが奨学金の一括返済(繰り上げ返還)です。

奨学金の前払いのメリット

貸与型奨学金には、無利子の第一種奨学金と利子付きの第二種奨学金の2種類があります。利息が存在する第二種奨学金の場合、貸付金額と、その残高に応じた利息の合計から、月毎の返済額を設定して返済します(定額返済方式)。

この利子付きの第二種奨学金を返済日より前に支払えば、前払いした元本部分に加えてもともと支払うことになっていた利息を支払う必要がなくなります。それに応じて、返済総額が減るというメリットがあります。

Kuriage.png

奨学金の一括返済(繰り上げ返還)方法

基本的に、奨学金の一括返済(繰り上げ返還)の申し込みは、インターネットを利用した「スカラーネット・パーソナル」でおこないます。ただし「スカラーネット・パーソナル」による申請には、返済口座の登録が必要であり、登録ができない場合は、郵送、FAX、電話による申請が必要になります。

また、利息の有無により一括返済の金額が異なるため、第一種奨学金と第二種奨学金の違いを以下に示します。

第一種奨学金

第一種奨学金の場合は利息がないため、毎月元本のみを返済していきます。そのため、前払いを行っても返済総額は変化せず、前払い期間が短縮されるだけとなります。

※詳しい解説はこちら「【無利子の奨学金】第一種奨学金を借りるには?申し込み方法・採用基準を徹底解説!」をご覧ください。

第二種奨学金

第二種奨学金の場合、月々の返済額には、その時の残高に応じた利息が含まれます。前払い金学は元本部分のみで、期限が到来していない部分については、その期間の利息の支払いは不要です。したがって、前払いをしたときの金額は、その期間中で返済予定の合計の金額よりも利息が少なくなります。

※詳しい解説はこちら「【有利子の奨学金】第二種奨学金を借りるには?申し込み方法・採用基準・第一種との違いも解説!」をご覧ください。

どちらの奨学金を受給しているかに関わらず、申し込みの際に「何回分を繰り上げ返済するか(A)」または「上限いくらで繰り上げ返済するか(B)」を選択し、それに応じて計算された金額が、返済口座から自動的に差し引かれます。 Bの場合、希望額に近い前払金額が設定されます。

Aの場合もBの場合も返済期間は、前払いの回数が多いほど短縮されます。

一括返済を申請できるタイミングは?

貸与終了後はいつでも一括返済を申し込むことができます。ただし、返済開始を半年まで延期できる制度を利用した場合、この延期期間中にも利息が請求されます。返済開始の延期をしている期間は、早期に前払いを申請した場合でも、その期間中の利息を減額することはできません。

一括返済後に支払いを休憩することはできる?

前払い後は、前払いの回数分返済期間が短縮されます。返済は翌月から通常通り継続しますので、一括支払いをしたからといってその期間の返済を休むことができるわけではありません。

kuriage.png

一括支払いの有無により、返済総額はどのくらい変わる?

例として、借入額が120万円、月々の返済額が約1.93%の場合、月々の返済額は9423円、144回払いとなります。

33回目までの支払いで34回から43回に10回進んだ場合、その場合の月々の支払い額は、34回目(当月)に9423円、35回目は元利7回になります。 43回目まで(一括払い)。総額16,620円は81,043円です。通常の返済の場合、その期間の合計支払額は94,230円ですので、10回の前払いで13,187円減額されます。

返済時期が早いほど利息の返済額に対する比率が大きくなるため、返済が早ければ早いほど、返済総額は少なくなります

まとめ

利子の有無によってメリットは異なりますが、利子のある第二種奨学金を借りている人は、返済総額を減らすことができるので、なるべく前払いしたほうが良いでしょう。

無利子の第一種奨学金を貸与した場合、返済総額が変わらないという点では、前払いのメリットはあまりないと言えます。 ただし、将来の住宅ローンの借り入れなどに影響を与えないように、早期の一括返済を検討することもよいでしょう。

ガクシーでは充実した奨学金検索機能や、アカウント登録後のリマインド機能から、あなたに合った奨学金を見つけ忘れずに申し込みをするところまでサポートしています。

申し込みの期日のリマインドや、お得な奨学金情報は会員登録をすると受け取ることができます。 是非登録してお得な奨学金情報を漏らさずチェックしてください。

▼会員登録する
https://gaxi.jp/auth/login

ガクシーInstagram.png

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「最新の奨学金情報」
が届く!
友だち追加
友だち追加すると