奨学金の保証人になる前に知っておくべきことを徹底解説

奨学金の保証人になる前に知っておくべきことを徹底解説

甥や姪から保証人を頼まれたとき、簡単に保証人になってしまうと大変なことに後々なりかねません。保証人を受け入れるかどうかを慎重に検討してください。

保証人になるとはどういうことかわかりますか?

日本学生支援機構から奨学金を受け取るための保証には、人的保証と機関保証の2種類があります。人的保証については、連帯保証人および保証人が必要です。機関保証は、これらの保証人を持つ代わりに保証料を支払います。

そもそも、保証人になるとはどういうことかわかりますか?

保証人になった場合、奨学金の返還が義務付けられている主たる債務者(学生)は、奨学金が返還されない場合、主たる債務者に代わって支払う義務があります。 (連帯)保証人が自主的に支払わない場合は、法的手続きを取り、自宅の不動産を差し押さえて競売にかけ、立ち退きを求めたり、給料や敷金を差し押さえたりするなどのリスクがあります。

「ご迷惑はおかけしません・・・・・」「お名前だけ貸してほしい・・・・・」と言われ、簡単に保証人になったら困るかもしれません。奨学金は数百万円にのぼります。経済的な余裕がない場合は、保証人の依頼を断ってください。もし断りづらければ、機関保証の保証料を支払ってあげるという方法もあります。とにかく経済的な余裕がないのにもかかわらず、安易に保証人の申し出を受けてしまうことは絶対に避けましょう。

保証人と連帯保証人の違い

日本学生支援機構(JASSO)から奨学金を受給する場合、連帯保証人は原則として親またはこれに変わる人であり、保証人は原則として親等4以内の親族または、別生計の人になります。

多くの人は、保証人と連帯保証人が同じであることを認識するかもしれません。

保証人には、「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」が与えられますが、共同保証人からは与えられない点が異なります(民法453条~454条・456条)。催促の抗弁権は、日本学生支援機構が突然保証人に請求を行ったときに、元本債務者が最初に請求されることを主張する権利です。

検索の抗弁権は、返済能力がある主債務者からの返済を請求する権利、またはそれが不可能な場合は主債務者の財産を差し押さえる権利です。分別の利益は、複数の保証人がいる場合、連帯保証人は全額を返還する義務がありますが、保証人は単に保証人の数で割った金額のみを支払うことです。

保証人の責任は半分です

札幌地方裁判所は、2021年5月13日、奨学金の保証人への返済義務について判決を下しました。日本学生支援機構が、半額しか支払わない保証人に全額を請求し、知らないうちに全額を返済した保証人が過払いの返還を求めた訴訟である。

上記のように、保証人は、連帯保証人とは異なり、分別の利益をもたらします。したがって、奨学金のように保証人が1人と連帯保証人が1人いる場合、保証人は半額を返済するだけで済みます。

ところが、日本学生支援機構が返還者または連帯保証人に代わって奨学金を全額返還した場合は、返還者に負担部分を超えて支払った分を返還人または保証人に不当利得をして返済を求める権利(返済する権利)があると主張した。

分別の利益を求めるか、求償権をを取得するかを決定するのは保証人次第です。

今回の判決は、保証人が主張しなくても人種差別の利益は有効であり、保証人が分別の利益を知らずに返済した場合、不当利得として返済を求める権利があるとの判決を下したことは大きな意味があります。

また、日本学生支援機構は札幌高等裁判所に上訴し、第一審である札幌地方裁判所の判決に不服としました。

まとめ

現在、日本学生支援機構は保証人に全額返金する予定です。その場合、日本学生支援機構から過払いを回収できる保証はありません。保証人になった場合は、日本学生支援機構から返金を求められたときに、必ず分別の利益を提供してください。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると