奨学金を借りた新社会人が覚えておくべきことを徹底解説

奨学金を借りた新社会人が覚えておくべきことを徹底解説

奨学金を借りた新社会人のために覚えておくべきことを解説します。

奨学金の返済の予定を整理する

多くの新入社員が新しいスーツを着ているのを見る時が来ました。学生時代に日本学生支援機構の奨学金を利用したことがある方もいらっしゃるかもしれません。学生時代に奨学金を借りましたが、将来は返還する立場にあります。実際に返済する方法をここで整理しましょう。

返済のスケジュール

返済は、貸与終了月の翌月から起算して7ヶ月目から開始します。 2018年3月まで借りた場合は、2018年10月から返却を開始します。

払い戻しには、「月賦返還(毎月の分割払い)」と「月賦・半年賦併用返還(毎月の分割払い/半年ごとの分割払い)」の2つの方法があります。毎月の分割払いは毎月の返金方法です。月次/半年ごとの分割払いは、月次だけでなく、1月と7月にも返品する方法です。

どちらも、在学中に手続きを完了した振込口座(リレー口座)から差し引かれます。まだ行っていない場合は、引き出し手続きを行ってください。延滞の場合は、支払伝票で返送するよりも、引き出しで返送する方が有利です。

どうやってやったのかわからない場合は、振込口座(リレー口座)の手続き完了のお知らせがメールで届いているはずなので、確認してみましょう。通知が表示されない場合は、年に1回届く「振替案内」をお待ちください。毎月の分割払いの払い戻しは毎年5月に到着し、毎月および半年ごとの分割払いの払い戻しは毎年7月に到着します。

返金は原則として毎月27日に行われます。 27日が金融機関の休日の場合は翌営業日となります。最初の返還は2018年10月29日月曜日になります。2018年の返品日は次のとおりです。月次および半年ごとの分割払いの両方を返品する場合、2019年1月28日月曜日が半年ごとの分割払いの最初の返品日です。

返済のためのヒント

通常の銀行口座に加えて、残高不足による見落としがないように、返金専用の口座を作成することをお勧めします。アカウントの変更方法は、日本学生支援機構の「振込口座の変更」ページに掲載されています。

会社によっては、給与を2箇所に振り替えることができるので、給与の払い戻し額を払い戻し専用口座に振り替えてみましょう。 2か所への送金が許可されていない会社で働いている場合は、給料日に返金専用の口座に入金する習慣をつけてください。今から10月から考えずに始めれば、6ヶ月分のスペースができます。お支払いが遅れても大丈夫です。

新入社員を待つ罠

また、新入社員の場合、入社する会社が必ずしも長く働くことができる会社であるとは限りません。ちょうど収まらないので、あなたは引退したり転職したりするかもしれません。実際、3年以内の新卒者の離職率は約30%を超えています。

新卒の離職率

3年以内 31.9%
2年以内 22.8%
1年以内 11.8%

引退や転職は悪いことではないと思います。ただし、原則として、転職や収入の喪失がなくても、退職や転職しても奨学金返済は待ってくれません。

延滞が始まった理由の80%近くは「収入が減った」ことです。収入が減った場合でも、引き続き返金できるように、返金専用口座への入金を開始することをお勧めします。

返済できない場合はどうなりますか?

残高不足で誤って返金できない場合は、「初めての送金不可」となります。その後、翌月の価値と合わせて、2ヶ月分の支払いが翌月に返還されます。

2ヶ月間返品できない場合は保証人に連絡し、延滞金(365日5%)が加算されます。

また、奨学金減額返還の振替不能通知には「個人信用情報」が掲載されています。個人信用情報は、契約内容、返済状況、クレジットやローンなどの取引に関連する利用残高などの取引事実を登録する情報であり、3つの信用情報機関によって共有されます。引き続き奨学金の返還に失敗した場合は、「延滞の事実」が登録されます。

すべての奨学金が支給されてから5年後に登録は取り消されますそれは、常に「非行の事実」のために「借りたお金を返済できないかもしれない人」とラベル付けされているようなものです。そうすると、クレジットカードが使えなくなったり、自動車ローンや住宅ローンが取れなくなったりすることがあります。

滞納が続く場合、債権回収会社は電話(仕事を含む)、書類、そしてあなたの家への訪問であなたに催促をします。それでも返還できない場合は、市が裁判所に要請通知を提出し、残額を一括で返還します。分割払いでの返還はできません。まとまったお金がなくとも、給料と預金が差し押さえられることもあります。

奨学金の返済が厳しくなったとき

卒業後には社会の一員になり、よく働き、お金を節約し、夢を見ても、病気になって引退したり、転職したりすることがあります。転職できず、失業している可能性もあります。

たいていの場合、多くの被害を受けながら奨学金について考えることができません。前章で延滞が続くと大変なことになると言いました。この章では、今後返済が遅れる可能性がある場合の対処方法を解説します。

延滞時に最初にすること

減額返還制度または返還期限猶予制度を申請しましょう。ただし、どうしたらよいかわからない場合は、奨学金払い戻し相談センター(0570-666-301)までお電話ください。月曜〜金曜の8時30分〜20時(祝日・年末年始を除く)に接続します(希望しない場合はご案内する場合がありますので、しばらくお待ちください)。

おそらく、あなたは減額された払い戻しシステムまたは払い戻し期限の猶予システムについて知らされるでしょう。ただし、延滞の場合はどちらもご利用いただけませんので、お早めに手続きを完了するか、お早めにご相談ください。

減額返還制度

減額返還制度では、元の返金額の1/2または1/3しか返還できません。

対象者は、災害、怪我、病気、経済的理由等により帰国が困難な方ですが、一流奨学金の「所得連動返還方式」を選択した場合は利用できません。月賦・半年賦併用を使用している場合は、自動的に返還(月賦返還)に切り替わります。

ただし、振込口座(リレー口座)からの引き落としで返還いただいた方のみご利用いただけません。返還が困難になった後、口座を申請する場合は、口座手続きが完了するまで、以前と同様に返却する必要がありますので、まだ行っていない場合は、今すぐ返却しましょう。

経済的な理由から、年収は325万円以下が基準です。配偶者や子供などの家族を養っている場合は、1人38万円以下になります。また、病気やけがなどで治療を受けている場合は「医療費支払申告書」を、生活費や医療費でご両親や兄弟を支援している場合は「生活費」をご利用ください。経費補助理由書」または「生活費の理由」。 「医療費補助金申告書」を提出することにより、基準が緩和されます。

1回の申請で12か月間減額でき、最大15年間減額分を返金できます。ただし、返還総額は減少しません。毎回返還額が減るため、返還期間が長くなります。

返還期限猶予制度

返還期限猶予制度は、返済を待つことができる制度です。猶予期間中は1円でも返却する必要はありません。対象者は、災害、怪我、経済的理由だけでなく、海外派遣や留学を目的としています。

経済的な理由からのガイドラインは、減額返還制度とほぼ同じです。経済的な理由から、1回の申請は12か月間延期され、合計で10年に制限されます。ただし、減額返還制度と同様に、は返還総額は減りません。待つ限り、返還期間は長くなります。

減額返還制度または返還期限猶予制度どちらを使用するほうがよいですか?

どちらのシステムも、返される合計金額を減らすことはありません。長期間の返済が必要になります。その場合は、少しずつでも返品できる減額返還制度をお勧めします。

持っていないものをどうやって返すのですか? 先ほど申し上げましたように、返還は10月に始まりますが、これから帰国が始まったと考えて、まずは6ヶ月の余裕を持ってみましょう。 その後、1/3に減額すると、1年半の返済総額が累積されます。 万が一、気持ち的にはずっと楽になると思います。

前払いの方法もありますが、2017年に卒業した場合、金利は0.01〜0.47%と低くなります。 早期返済は金利の引き下げを目的としていますが、金利が低く、金利引き下げ効果が少ないのでお勧めしません。 念のため、前払いよりも奨学金返済専用の口座に貯めておく方が安全だと思います。

お金を借りることは悪いことではありません。 必要なお金を借りて返還することは、社会の一員としての自然な活動です。 社会の一員として問題なく返還できるように、今から準備しましょう。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると