【奨学金と教育ローンはどう違う?】それぞれのメリット・デメリットも解説!

【奨学金と教育ローンはどう違う?】それぞれのメリット・デメリットも解説!

進学をする際に「奨学金」と「教育ローン」のどちらを選ぶか迷いますよね。

日本学生支援機構が提供する「奨学金制度」と国の「教育ローン」はどちらも公的制度ですが、借り手、条件、時期に違いがあります。それぞれの特徴と違いを見ていき、自分はどちらを利用したほうがいいのかを確認しましょう。

奨学金について

日本学生支援機構の奨学金事業制度について見ていきましょう。

日本学生支援機構の奨学金は、非営利の貸与制度が特徴です。融資対象は「経済的理由で勉強が困難な優秀な学生」です。

奨学金には給付型奨学金、第一種奨学金、第二種奨学金、入学時特別増額貸与奨学金の4種類があります。

>>>>> gd2md-html alert: inline image link here (to images/image2.png). Store image on your image server and adjust path/filename/extension if necessary.
(Back to top)(Next alert)
>>>>>

alt_text

「給付型」は返済不要なもらえる奨学金、「第一種奨学金」は無利子の奨学金、「第二種奨学金」と「入学時特別増額貸与奨学金」は利子があり、2016年3月に貸し出しを終えた人の金利は0.16%でした。学力と家計の貸与基準はそれぞれに設定されています。入学時特別増額貸与奨学金は、第一種または第二種を受給しており、日本政策金融公庫が提供する「国民教育ローン」を利用できなかった方を対象としています。第二種奨学金に0.2%の利子を加えたものがあり、融資額は状況に応じて10万円から50万円の5種類から選べます。

手続きの流れは「予約採用」と「在学採用」で異なります。予約採用の場合、高校は5月中旬から10月中旬(第二種のみ)に募集しますので、そちらに応募してください。就学後、「進学届」を提出し、就職が決まったら転校を開始します。一方、学生を採用する場合は、大学等で説明会を行い、書類を提出して審査を行います。 4月に申請しても、早ければ7月に振込するので、入学後に奨学金を希望する場合は、高校3年生で手続きを済ませたほうがよいでしょう。

返還は卒業後7ヶ月で始まり、最長20年続きます。返済が困難な場合は、月々の分割払いを半額にする「減額返還制度」や、けがや病気または災害が発生した場合に一定期間返還を停止する「返還期限猶予制度」もあります。

入学金に対応できる教育ローン

国家教育ローンは、日本政策金融公庫が主催している制度です。

教育ローンは、「高等教育への進学と教育機会の平等化に関する家族の経済的負担を軽減する」ための制度です。 「入学前の資金需要(後期授業料等)」をサポートしています。固定金利と長期返済があり、奨学金と組み合わせて利用できます。川内氏は、「入学時の国民教育ローンや入学後の奨学金と合わせて、日本学生支援機構を利用する人が多いと聞いています」と語っています。

基本的には親が借り手となる制度であり、子供の数によっては世帯年収に上限があります。融資額の上限は子供1人あたり350万円、留学資金の上限は450万円です。ローンは、学校の授業料の支払いだけでなく、受験料、教科書料、入居のための住居費など、幅広い目的に利用できます。

教育ローンを申請後には審査があり、結果​​をお知らせします。申請から審査結果の通知まで約10日、貸与まで約10日、最低20日かかります。この時期は窓口が混雑し時間がかかることもあるので必要時期の2~3ヶ月は多めに見積もっておいたほうがよいでしょう。

返済期間は15年以内であり、2017年1月22日現在の金利は年間1.81%です。特定の要件が満たされている場合、ローン、返済、および金利は緩和される可能性があります。

必要な状況に応じて検討してください

最後に、日本学生支援機構の「奨学金制度」と日本政策金融公庫の「教育ローン」の違いを整理したいと思います。大きな違いの1つは、「誰が借りて返すか」です。奨学金制度は子供自身が借り入れ、教育ローンは親が借り入れます。卒業後の帰国による子供が借りた場合の影響や、親が借りた場合の年金基金など、将来の家計への影響を考慮する必要があると思われます。

また、貸出期間も異なります。奨学金制度の場合、予約を入れても4月以降にしか奨学金が支給されないため、奨学金から受験料や入学金を支払うことができません。それらが必要な場合は、国の教育ローンを利用する必要があります。国の教育ローンは幅広い用途があるため、大学入学に住宅費が必要な場合にも適用されます。

日本学生支援機構は、支給型の奨学金制度は返済が必要ありませんが、貸与型の奨学金はどちらの制度も返済が必要です。大学に入学する間と入学した後、家計に基づいて親と本人と話し合う必要があります。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると