【高校が無償化に!】高等学校等就学支援金制度を徹底解説

【高校が無償化に!】高等学校等就学支援金制度を徹底解説

高校無償化制度である「高等学校等就学支援金制度」ですが、制度の内容はまだあまり知られていません。

「高等学校等就学支援金制度」は、平等な教育機会を実現するための制度です。授業料の支援金を支給することで、国、公立、私立を問わず、高校の教育費負担を軽減することができます。該当の対象者、支払い額、所得制限などを理解しましょう。

高等学校等就学支援金制度とは?

「高等学校等就学支援金制度」は、教育を受ける機会の平準化を目的として2010年4月に開始された制度です。

授業料の支援金を提供することで、国、公立、私立を問わず、高校等の教育費負担を軽減し、機会均等を実現するために創設されました。

2020年4月には、保護者の1人が4人家族、保護者、高校生、中学生の場合、私立高校に通う生徒の就学支援の上限を引き上げるなど、制度が改正されました。高校生。年収約590万円未満の世帯の学生の場合、上限額が引き上げられました。

高等学校等就学支援金制度の対象者

「高校等」に在籍する学生が高等学校等就学支援金制度の対象となります。

<システムの対象となる学校>

・国立・公立高校(全日制、定時制、通信制)

・私立高校(全日制、定時制、通信制)

・中学校後期課程

・専門学校高校

・高等専門学校(1〜3年)

・専門学校高校

・専門学校全国資格訓練コースに指定されている一般コースおよび各種学校

・各種学校の中で一定の要件を満たす外国の学校

ただし、高校を卒業した学生、3年以上(定時制・通信制度は4年)在籍している学生、専攻科や別科、科目履修生、聴講生には適用されません。

2020年7月から所得の条件も変わりました。

<収入状況>

次の式による判断(両親2人分の合計額)

【式】

市町村民税の課税標準額×6% - 市町村民税の調整控除の額

(政令指定都市の場合は、「調整控除額」に3/4を掛けます)

上記により計算された金額aは

a <154,500円⇒お支払い金額:最大396,000円

154,500円≤a<304,200円⇒お支払い金額:118,800円

高校入学支援制度の支給額

対象は正規学生(科目履修生・聴講生は対象外)の授業料です。入学金、教科書料、修学費など、授業料以外の授業料は対象外です。

お支払い額の上限は以下のとおりです。学校のサポートは授業料まで提供されます。

・国立高等学校後期コース……¥9,600 /月

・公立高校(非常勤制)、公立中等学校後半(非常勤制)……¥2,700/月

・公立高校(通信方式)、公立中学校後半コース(通信方式)……¥520/月

・国立・公立専門学校高校……¥400/月

・上記以外の支払い対象となる高校等……¥9,900/月

また、単位認定数に応じて、単位制の高等学校、中等教育学校の後期課程、専修学校は支給されます。

・支給対象単位数の上限:74

・年間の支給対象単位数:30クレジット

・支払期間の上限:36ヶ月(非常勤・通信講座の場合、入学月数は1月の4分の3に相当する月数として計算されます)

・1単位あたりの支払額は4,812円(履修期間割で)です

私立の支払いは家計収入によって増やすことができます

私立高校、私立中学校、私立特別支援学校、国立・公立・私立工科大学、公立・私立専門学校、各種私立学校は、家計収入に応じて月額9,900円から加算していった額を提供されます。

地方自治体独自の支援体制もあります!

学費など、県ごとに独自の支援を行う場合があります。お住まいの市町村にご確認ください。

高校入学支援制度は誰が受けますか?

学校支援費は生徒や保護者には支払われません。手続きを簡素化し、授業料の負担を軽減するために、学校は生徒と保護者に代わって支援金を受け取り、授業料に使用します。

入学支援基金が授業料全額をカバーしている場合、学校はあなたに請求しませんが、入学支援基金が授業料をカバーできない場合、差額は学生と保護者に請求されます。

学校への学校支援を申請する

高等学校等就学支援金制度を受け取るには、住民税所得割額の通知(居住税税額決定通知、納税通知、納税証明書、マイナンバーカードのコピーなど)と証明書申請書を学校経由で提出してください。それをする必要があります。

課税証明書等で所得確認を行い、適格と認定された場合は、原則として毎年7月頃に学校に提出する必要があります。申請期限は学校によって異なりますので、必ず支援金が支給される世帯の期限内に提出してください。マイナンバーで所得要件を確認したい場合は、書類を提出した後、追加の書類を提出する必要はありません。

<課税証明書等で所得要件の確認をする場合>

・受給資格認定申請書(学校を通じて配布)

・市町村民税所得割額・道府県民税所得割額を確認できます(市町村民税税額決定通知、納税通知書、課税証明書等)

<マイナンバー(個人番号)で所得要件を確認する場合>

・受給資格認定申請書(学校を通じて配布)

・マイナンバーカードの写し等(マイナンバー通知カードの写し、マイナンバーが記載された住民票等)

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると