【奨学金繰り上げ返還のメリット解説】奨学金をお得に返還する方法を徹底解説

【奨学金繰り上げ返還のメリット解説】奨学金をお得に返還する方法を徹底解説

奨学金を利用した方の中で気になることのひとつは「いかに安く奨学金を返すこと」ではないでしょうか。奨学金の返済方法の中には「繰り上げ返済」という支払期限より先に払う方法があります。本記事ではそんな「繰り上げ返済」のメリットを見ていきましょう。

繰り上げ返済とは

近年、大学生の半数近くが奨学金を借りています。卒業して借り手から返還者に変わるとき、知っておくべきことは「繰り上げ返済」と呼ばれるメカニズムです。通常より多く返還することにより、返済が早く完了し、長期的には返済総額が減少する可能性があります。

通常、借りたお金を返済するときは「返済」と呼びますが、日本学生支援機構(奨学金事業を運営する機関)では「返還」と呼んでいます。

奨学金には、お金を受け取ることができる「給付型(返金不要)」と、お金を借りることができる「貸与型(返済が必要)」の2種類があります。貸与型の奨学金を利用した場合は、通常、卒業後に返済する必要があります。

繰り上げ返済は、通常毎月返還する金額に加えて、いつでも任意の金額を追加して返還できるシステムです。返済をするほど、全額返済までの時間が短くなります。返済完了時間が早い(繰り上げ)ため、「繰り上げ返還」と名付けました。

繰り上げ返還のメリットは何ですか?

返済が必要な「貸付型」奨学金には、無利子型(第一種奨学金)と有利子型(第二種奨学金)の2種類があります。無利息タイプの場合、事前に返金するかどうかにかかわらず、返金に必要な合計金額は変わりません。ただし、返済が早く完了するという利点があります。

有利子奨学金を利用している場合は、返済が早ければ早いほど、支払う必要のある利子が少なくなり、返還できる総額が少なくなります。具体的な例を見てみましょう。

合計120万円を借りて、毎月144回(12年間)、年利1.9333333%で返還し、34回目に一括で10回返還した場合、返還額は81,043となります。円。前払いをしない場合、10回の払い戻し額は94,230円ですので、前払いで「13,187円」の利息負担が軽減されます。

ちなみに、奨学金は口座から引き落とすことで事前に返金することができ、手数料はかかりません。

繰り上げ返還のメリットは、奨学金を借りる条件によって異なります。金利が高いほど、または残りの払い戻し期間が長いほど(できるだけ早く返還する)、早期の繰り上げ返還のメリットは大きくなります。

しかし、最近、奨学金の金利は以前よりも低くなる傾向にあります。 2019年3月にローンを終了した人の年利は、基本月額であり、返済期間を通じて金利が変わらない固定方式の場合は「0.07%」、方式の場合は「0.002%」です。

該当する金利が非常に低い場合、前払いしても減額される利息はほとんどありません。

そうすると、手元の現金を返還に使用し大幅に削減するのではなく、予想される将来の支出に備えて手元に置いておき、収入やスキルの向上に挑戦し、より高い金利で投資として使用することなど他の用途を検討する方が意味がある場合があります。

本当に早い段階で返還することが最善なのかはよく考えてから決めましょう。

繰り上げ返還はどのように返済しますか?

繰り上げ返還には手続きが必要です。日本学生支援機構では、電話、郵送、FAXでお申し込みいただけますが、「スカラネットパーソナル」のサイトからお申し込みいただくと、24時間オンラインでお申し込みいただるので便利です。

事前に返済する月を指定することができ、「全額を一括」「一部を金額指定」「️〇回分など回数を指定」から返送金額を指定することができます。ライフプランに合った返品方法をお選びください。

奨学金の繰り上げ返還は実行前のシミュレーションが必須

繰り上げ返還は、貸与型の有利子奨学金を借りている人の利払いを減らす効果があります。ただし、金利の状況によっては、手持ちの現金を減らすために時間をかけただけではメリットがない場合があります。

その前に、一度借り入れ状況を確認し、事前に返済した場合にどの程度の利息が減少するかをシミュレートすることをお勧めします。日本学生支援機構のホームページまたはスカラネットパーソナルで確認できます。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると