【奨学金の落とし穴】奨学金を安心して使うための注意点を解説

【奨学金の落とし穴】奨学金を安心して使うための注意点を解説

近年よく奨学生が「奨学金破産した」という話を伺います。奨学金は審査が通りやすく、大きなお金を借りられることで大変便利ですが、一方で借金をすることと同じ意味なので、奨学金が原因で不幸になってしまう人も一定数います。

本日はそんな奨学金を提供している日本学生支援機構奨学金をはじめとした「奨学金の落とし穴」について解説します。

大学生の3人に1人が利用している日本学生支援機構から奨学金をもらう際の注意点がいくつかあります。申請時に奨学金情報を注意深く読む人は多くありません。

見落としがちですが、知らなかったことで後悔する点がいくつかあります。

入場前に必要な入場料不足のためご利用いただけません

入学前に必要な入学金のうち、通過時に支払われる初年度の支払いが主要な費用の1つです。これに対して学資保険に加入している世帯もあると思います。

ただし、これに加えて、予備校研修料、模擬試験料、オープンキャンパス参加費、試験料、入学式に出席するためのスーツ料、コンピューター購入料など、それぞれが小さくてもかなりの金額になります。

これらの費用が足りない場合は、高校3年生の春に予約を申請した日本学生支援機構の奨学金で賄いたいのですが、入学後に振り込みが行われるため、入学以前の費用が不足していましてしまいます。

給付奨学金に同梱されている入学金、授業料の減額・免税(高等教育研究支援の新制度)も、進学先での手続きが完了した後に利用できるため、どちらにも頼ることはできません。

初年度の支払いなどの多額の費用だけでなく、少額と思われるすべての費用も特定しましょう。不足分は教育ローンでまかなうことができますので、早めの対応を心がけておきましょう。

労働銀行の「入学時必要資金融資」は、10月末以降にのみ使用できます

低所得のために「国の教育ローン」を借りることができない場合、入学時特別増額貸与奨学金の候補者は、申請時に選択した金額の範囲内で労働金庫の「入学時必要資金融資」を申請することができます。お申し込みの際は、最大50万円をお選びいただくことをお勧めします。

採用候補者の決定通知は10月末以降となりますので、総合型選抜の入学金に間に合わない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 「入学時必要資金融資」が間に合わない場合は、低所得者向け社会福祉協議会の生活福祉基金「教育支援資金」を検討してください。

申し込みから貸し出しまでは基本的に1ヶ月以上かかりますので、お早めに担当者にご相談ください(参考:全国社会福祉協議会ホームページ)。教育支援費(授業料等)は月額65,000円まで、学校準備費(入学金等)は50万円まで無利子で借りることができます。

無利子の第一種奨学金「月額最大額」の利用は、厳しい家計基準を満たさなければなりません

第一種の奨学金の場合、毎月の融資オプションは、国立または私立の学校、大学または短期大学/専門学校に行くかどうか、または自宅または自宅の外で学校に行くかどうかによって決まります。例えば、自宅の私立大学に通う学生は、月額ローンが54,000円、40,000円、30,000円、20,000円の4種類から選べます。

このうち、最大月額54,000円を借り入れるには、家計の最も厳しい基準である「第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与」の基準を満たす必要があります。多くの人が利用できるわけではないと考えるべきです。

ちなみに、サラリーマンなどのサラリーマンがいる世帯(4人世帯)では、世帯収入の基準(上限)は第二種の利子奨学金が年間1100万円、第一種が無利子のクラス奨学金は747万人です。併用貸与の合計は686万円です。

給付奨学金は対象校でのみ利用できます

給付奨学金は、国または地方自治体によって特定の要件を満たすことが確認されている学校のみが利用できます。

他の学校に行っても、給付奨学金は使えません。奨学金の候補者は、彼らが奨学金の資格があることを確認する必要があります。文部科学省のホームページで、学校名や都道府県で対象校を検索できます。ただし、必ず進学先に確認してください。

令和3年生の4月9日現在、98%の学校と短期大学、100%の高等専門学校、73%の専門学校が対象です。

働きすぎると給付奨学金が支給されなくなります

給付型奨学金の世帯基準の所得については、基準を満たしているかどうかは、本人(学生)と生計維持者(原則として親)の合計額で決まります。

アルバイトなどで所得があり、居住税がかかる場合は、所得の判断に影響が出ます。奨学金が変更されたり、奨学金が停止されたりする可能性がありますので、アルバイトをしすぎないように注意してください。

個人(未成年者)の年収が額面で200万円(大人100万円)を超える場合は、居住者税が課税される場合があります。アルバイトをしすぎて学業に支障をきたし、退学した場合は、給付奨学金の返還が必要となる場合がありますので、適度にアルバイトをしてください。

収入が少なくても、資産が多いと給付奨学金をもらえません

給付奨学金を受け取るには、所得基準だけでなく資産基準も満たす必要があります。具体的には、申請時の本人(学生)と生計管理者(原則として親)の資産総額は、生計管理者が2人いる場合は2000万円未満、1人いる場合は1250万円未満です。未満です。

資産とは、現金および同様の項目(投資信託、投資資産の金など)、預金および貯蓄、および有価証券を指します。土地・建物等の不動産、貯蓄型生命保険、学生保険は資産に含まれていません。

現金や保証金が多い場合は、申請時に保険に加入することができます。また場合によっては、死亡保険金を受け取る際には一括よりも分割払いで受け取る方がよい場合があります。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると