「奨学金に落ちたらどうしたらいい?」その後の対処法をご紹介

「奨学金に落ちたらどうしたらいい?」その後の対処法をご紹介

奨学金が落ちた場合はどうなりますか?落選の原因と解決策をご紹介します!

奨学金を申請したものの、落選された方も多いと思います。基準を満たしているはずなのに落選したら焦ります。あなたの奨学金申請が落選した場合、あなたの教育費をカバーする他の多くの方法があります。本記事では、落選の原因と解決策をご紹介します。

奨学金落選しました!考えられる原因は何ですか?

「大学に行きたいが、奨学金がないと経済的に大変でなんとか奨学金を受け取りたい」そう考えている方は少なくはありません。学生が受けることができる主な奨学金は、日本学生支援機構が提供するものであり、多くの人に利用され、よく知られていますが、多くの人は詳細を知らないことがあります。

そこで今回は、奨学金を落選する理由と解決策について詳しく説明します。

また、日本学生支援機構が提供する奨学金以外の授業料の引き上げ方法についても説明しますので、参考にしてください。奨学金についての理解を深めるのに役立てていただければ幸いです。

奨学金が却下される5つの理由は次のとおりです。

①家計収入が基準を上回っていた(家計の基準を満たしていない)

世帯収入が基準を上回っている場合は、学業成績などの基準を満たしていても奨学金を受け取ることができません。収入基準は、利用する奨学金によって異なりますので、よく確認してください。

例えば、高校時代に予約を申請するサラリーマンの場合、世帯人数が3人の場合、無利子の第一種奨学金は657万円、有利子の第二種奨学金は1,090万円になります。

年収基準の詳細については、以下の表を参照してください。


<第一種奨学金>

世帯人数 給与所得者 給与所得者以外
3人 657万円 286万円
4人 747万円 349万円
5人 922万円 514万円

<第二種奨学金>

世帯人数 給与所得者 給与所得者以外
3人 1009万円 601万円
4人 1100万円 692万円
5人 1300万円 892万円

②学力、学業成績が基準を満たしていない

奨学金は、ある程度の学力と成績がなければ受けられません。

使用する奨学金によって基準は異なりますが、例えば無利子の第一種奨学金の場合、申請時の平均成績は3.5以上である必要があります。

利子がかかる第二種奨学金であっても、平均以上の学業成績が必要となるので、一生懸命勉強してください。

③返済能力が認められなかった

奨学金の利用には、基本的に保証人が必要です。保証人は通常親ですが、親が借金整理をしている場合は保証人になることはできません。また、65歳以上の方は保証人になれないというルールもあります。

保証人が見つからない場合は、機関保証と呼ばれる制度がありますので、必ず積極的に利用してください。機関保証とは、保証期間を共同で保証する制度です。保証料がかかるというデメリットはありますが、自己責任で奨学金を利用できるというメリットがあります。

④採用枠が少なく、応募が多い

日本学生支援機構の奨学金は、決して無制限ではありません。応募枠は事前に決められているため、収入や学力の基準を満たしていても却下される場合があります。

奨学金の支給額は学校によって異なりますので、在学中に奨学金試験に合格しなかった場合でも、大学進学後に再申請することができますので、諦めずにやり直してください。私に与えてください。

⑤書類に欠陥があった

奨学金を申請するには、書類を提出する必要があります。もちろん、これらの書類が不完全な場合、奨学金を受け取ることはできません。

もちろん、第一種奨学金は無利子なので、選考基準は厳しくなります。世帯収入の基準は約800万円以下で、高校の平均格付けは3.5以上です。年収の基準は世帯人数によって異なりますので、目安としてご利用ください。

解決策その1:もう一度日本学生支援機構の奨学金に申し込む

一度落ちたからと言ってずっと奨学金を受け取れないわけではありません。まだまだあきらめないでください。

第二種奨学金(利子付き)に申し込む【第一種が不採用だったケース】

第二種奨学金は、利子を生み出す返金タイプの奨学金です。これは有利子奨学金であるため、選考基準は第一種奨学金よりも緩くなります。

収入の基準は第一種奨学金と同様に800万円以下ですが、グレードの基準は平均以上で卒業の可能性があるので第一種奨学金です。第一種と第二種の両方を一緒に申請することができますので、必ず一緒に申請してください。

また第二種奨学金に限っては3年生の10月に再度申し込みのチャンスがありますので、一度駄目でもまた申し込むと良いでしょう。そこでだめでも入学後の在学採用時にまた申し込むことも可能ですので、あきらめず何度もチャレンジしましょう。

解決策その2:他の奨学金を活用する

奨学金は日本学生支援機構以外にも民間の団体が数多く支給しています。ガクシーでは様々な民間の奨学金をまとめて一番自分に合っている奨学金を検索できます。是非会員登録をして、自身に一番合った奨学金を見つけてください。

▼会員登録はこちらから

https://gaxi.jp/auth/login

まとめ

いかがでしたでしょうか。奨学金に落ちたからと言って焦る必要はありません。きちんと落ち着いて不備の内容に書類を見直し、返済計画としっかりと立てて、安全に奨学金を活用し進学を決めあなたの夢のかなえてください。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると