公益財団法人 吉田育英会

日本人派遣留学プログラム奨学生
URL:
https://www.ysf.or.jp/ysfpdf/sch2023_guideline06.pdf
対象
大学院
応募者の地域条件
地域の制限なし
奨学金の種類
奨学金 給付
申込み時期
その他
2022年9月6日
支給人数
5人
5名程度
支給金額/人
総額:1,494万円
・生活滞在費として奨学期間を通じて月額2,500米ドル≒34万円 ・留学先の大学に納付する授業料等、または奨学期間中の学術研究のための費用(研究費)として奨学期間内に合計250万円以内の実費 ・往復の渡航に要する交通費 ※1米ドル=136.69円で計算(2022.7.26現時点)
支給期間:奨学金の支給を開始した月から2年以内 ※博士号取得を目的に留学する方については、留学先での学業・研究の進捗状況を確認のうえ、1年以内の延長を認める
成績制限
あり
所得制限
なし
修学支援制度との併用
他の給付型との併用
専攻分野
人文科学
対象の詳細
人文科学系分野、社会科学系分野または自然科学系分野
次に掲げる要件をすべて満たす方とします。・日本国籍を有する方。・2022年4月1日現在において35歳未満である方。・奨学生採用内定後、2023年4月から2024年3月までの間に新たに留学を開始する方。すでに留学中の方の支援は行いません。また、当プログラムの支援による留学開始前に行う、学部・大学院での留学期間の合計が1年を超える、または超える見込みの方は対象となりません。・2022年4月1日現在において日本の大学に在籍している方(学生、教育研究職の別を問わない。大学付置研究機関を含む)。・日本の大学の学士号以上の学位を留学開始までに取得している方。・次のいずれかを留学の目的とする方。①海外の大学の博士号を取得すること。②海外の大学院同等の研究機関で研究を行うこと(日本の大学の博士号を留学開始までに取得している場合のみ。いわゆるポスドク研究員。留学期間は2年間であることが望ましい。)。③海外の医学医療・公衆衛生系大学院で専門学位を取得すること、または同等の研究機関で研究を行うこと(日本の医師免許を留学開始までに取得している場合のみ)。・私費留学生である方。民間企業から派遣される留学生は対象となりません。また、留学中に給与収入のある方は対象になりません。・原則として他の奨学金との併給は認めません。ただし、留学先の大学から支給される奨学金や、TA、RA等による収入を除きます。3・留学先で支障なく勉学、調査、研究を行う語学能力のある方。英語圏に留学する方は、奨学金の応募に先立ち、TOEFL(団体向けのITPテストは不可)またはIELTSをあらかじめ受験してください。英語圏以外の国に留学し、当該国の言語を主に研究に使用する方は、ZD(ドイツ語)・DAPF(フランス語)等の試験をあらかじめ受験してください。
奨学金URL
https://www.ysf.or.jp/ysfpdf/sch2023_guideline06.pdf
募集団体URL
https://www.ysf.or.jp/scholarship/visitor/universal/cartercenter.php
その他
「最新の奨学金情報」
が届く!
友だち追加
友だち追加すると