公益財団法人柳井正財団

こうえきざいだんほうじんやないただしざいだん

奨学金一覧に戻る

公募制学校推薦英国大学奨学金(合格型)

URL: https://www.yanaitadashi-foundation.or.jp/application/

基本情報
対象

大学

応募者の地域条件

地域の制限なし

奨学金の種類

奨学金 給付

申込み時期

その他

2022年12月15日(木)〜2023年2月7日(火)19:00(日本時間)
支給人数

20人

米国大学、英国大学合わせて20名程度
支給金額/人

3,297万円

年間£65,000≒1099万円  ※1£=169.09円で計算(2022.12.13時点)
支給期間:

大学卒業までの通算3年間

成績制限

あり

所得制限

あり

修学支援制度との併用

可能

他の給付型との併用

可能

専攻分野

専攻分野の限定なし

対象の詳細
在学生
本奨学金プログラムに応募するためには、以下の(1)~(8)の全てを満たす必要があります。(1)将来、グローバルな知見を持って各分野をリードし、日本社会の発展に貢献し得る資質を持つ者(2)在学期間中を通じて 日本国籍を有する者(3)国内の他の給付型奨学金を受給していない者。但し、国内外の返済義務のある奨学金、海外の給付型奨学金、奨学金に該当しない使途の支援金等(研究助成金、起業資金、行政による一時交付金等)との併給は可とします。(4)当財団の奨学金を4年間受給することに合意した者(英国は3年)(5)当財団が企画する広報活動、コミュニティ構築等に協力することが出来る者(6)本奨学金プログラムの対象大学に入学できる学力、資質等を備え、原則20歳以下で、2022年9月以降に高校を卒業し、2023年9月の入学を目指す者(7)本奨学金プログラムへの出願時点で、語学試験として原則TOEFLまたはIELTS等、及び、学力試験として原則SAT、ACTまたはIB等のスコアを保持している者※スコアを保持していない場合もご応募いただけます。(8)本プログラムに応募した学生の世帯構成員による家計支持者の所得が2021年度(2020年分)と2022年度(2021年分)の2年間において以下の基準(a)を満たす者。所得金額については、以下の提出書類(b)の金額で判断を行います。(a)基準 家計支持者の所得が2,400万円 以下(b)提出書類当財団の指示に従い下記の書類を提出して下さい。日本居住者:2021年度(2020年分)と2022年度(2021年分)の課税証明書。海外永住者:2020年分と2021年分の年収と所得が確認できる書類(例:米国の場合はFORM1040)海外駐在者:下記①と②に記載の書類①2020年分と2021年分の申告書及び勤務先が発行する年収の証明書(会社の印鑑が押印されている証明書)。海外赴任により、海外勤務手当等が加算されている場合は、海外勤務手当等を除き、日本で働いた場合の2020年分と2021年分の各年分の年収証明書②2020年分と2021年分において給与以外の収入がある場合は、その収入が確認できる書類と念書。給与以外に収入がない場合は、その旨を記載した念書※家計支持者とは、応募者の学費や生活費を負担する人のことを意味し、例えばご両親の双方が該当いたします。※応募時に資料の提出は求めませんが、最終面接前に課税証明書やパスポート等、上記の応募資格・条件を満たしているかを確認できる書類を提出いただきます。書類取得に時間が要するものもございますので、事前にご準備をしていただけますようお願い致します。 【対象大学 (2023年秋入学者)】 米国の概ねトップ50に入る大学、および同等レベルの英国の大学 <英国>8 大学 Imperial College London / King's College London / London School of Economics and Political Science / University College London / University of Cambridge / University of Edinburgh / University of Manchester / University of Oxford ※【米国・英国共通】上記以外の大学(米国内または英国内の大学に限る)については、上記大学と教育水準が同程度と当財団が判断した場合は、これを認めます。上記以外の大学を認めるか否かの結果は、最終面接後に通知します。 ※【英国のみ】大学進学準備コースは対象外とします。
その他
国内の給付型奨学金との併給は不可。ただし、国内外の返済型の奨学金、海外の給付型奨学金との併給は可。