奨学金関連ニュース一覧

奨学金関連ニュース

  • 一般財団法人荒井芳男記念財団は「2023年度奨学金」募集を開始
  • 奨学金支給額は1名あたり年額10万円、募集人数は30名程度
  • 科学技術分野に携わる者(本助成は学生を対象)を支援、募集期間は2022年10月1日~11月31日

  • 同志社女子大学は2022年度の「同志社女子大学生活科学会奨学金」の応募スタート
  • 募集人数は13名程度(学部生・大学院生)、支給額は5万円
  • 願書提出期限は2022年10月12日17時まで

  • 同志社女子大学は「同志社女子大学日本語日本文学会奨学金」の応募をスタート
  • 学部学生(4名)に5万円を支給(返還の義務はなし)
  • 願書提出期限は2022年10月12日17時

  • 同志社女子大学は「同志社女子大学現代社会学会奨学金」と「北尾謙治記念奨学金 」の募集を開始
  • 同志社女子大学現代社会学会奨学金は博士課程に10万円(後期1名、前期3名)、英語英文学科生に5万円支給(若干名)
  • 北尾謙治記念奨学金 は10万円を支給(採用人数は1名)

  • 同志社女子大学は「同志社女子大学現代社会学会奨学金」の募集を開始
  • 現代社会学会の学生会員が対象(採用40名)、1名につき5万円支給
  • 願書提出締切日は2022年10月17日17時まで

  • 同志社女子大学は「同志社女子大学指定奨学金」の募集を開始
  • 内田美智子奨学金・立山奨学金・坂本武人奨学金・金玉羅奨学金・新島八重記念奨学金について募集
  • 奨学金は5万円を給付、書類提出期限は10月17日17時

  • 同志社女子大学奨学金・同志社女子大学サポーターズ募金“ぶどうの樹”奨学金・松下紀美子記念奨学金・花谷明子記念奨学金の募集開始
  • 年間1人につき授業料相当額の2分の1を限度として給付
  • 申込書提出期限は10月17日17時厳守

  • 同志社女子大学は「同志社女子大学瀧山徳三・季乃記念海外留学奨励金」の募集を開始
  • 奨学金支給額は1人につき50万円以内、学部・大学院各1名採用予定
  • 申込期限は2022年11月17日まで

  • 同志社女子大学は「E.L.ヒバード記念奨学金」の募集を開始
  • 対象は本学最終年次に在学し、卒業後1年以内に大学院進学を予定している者
  • 1人につき50万円以内の奨学金支給、申込期限は2022年11月17日

  • 公益財団法人昭瀝記念財団は「2023年度研究助成金」の募集中
  • 道路舗装に関連する理工学分野を対象とした研究助成金は年間上限500万円(1件)と年間上限100万円(2件)
  • 応募の受付期間は2022年9月1日~2022年11月30日まで

  • フランス政府奨学金は2023年度の応募受付をスタート
  • 文系、理系のLicence、 Master 、Doctoratのすべての課程を対象
  • 応募登録期間は2022年9月20日~11月20日まで

  • 公益財団法人江頭ホスピタリティ事業振興団体は令和5年度の「一般募集」「特別募集」奨学生募集を開始
  • 一般募集、特別募集は月額2万円の給付型奨学金
  • 令和5年度の奨学生募集の応募期限は2022年12月1日まで

  • 一般社団法人日本電気協会は「令和5年度 原子力工学大学院博士課程奨学生」を募集
  • 給付額は月額8万円、給付期間は博士課程(後期) 3年間のうち、学生の指定する2年間
  • 募集人数は若干名、受付期間は令和4年10月3日~11月18日

  • 公益財団法人バロック村井博之財団は2023年度助成金を募集
  • 助成金額は1件上限40万円、助成件数は5件、2022年10月1日~2022年10月3日
  • 『衣』『食』『住』など生活に密着したサステナブルな社会発展に寄与する活動が対象

  • 新潟県は北里大学、日本大学の令和5年度医学部地域枠として「地域枠・修学資金貸与制度」を実施
  • 新潟県県と5市が連携し、医師不足が顕著な市町村の医師確保に向けて取組む
  • 「地域枠・修学資金貸与制度」により入学した学生には医師養成修学資金として3,660万円を貸与

  • ユニオンテック株式会社はベトナムのダナン建築大学の学生に対してデザイン講座やインターンシップの機会を提供
  • 現場に近い学習環境と将来の就職を支援
  • ベトナムへ進出する日系企業に対して、内装設計施工の支援も検討

  • 在ミャンマー中国大使館は文化・芸術専攻の学生に奨学金授与
  • 同奨学金は在ミャンマー中国大使館が創設
  • ミャンマー各分野の発展に必要な人材の養成を支援

  • 佐賀県杵島郡江北町の「フリースクール等奨学金」制度が2021年度の佐賀県ベスト育児制度賞に選出
  • フリースクールに通う町内の小中学生に入学準備金2万円、交通費・通信費として月に最大4万円支給
  • 多様な通学形態に対応するため、10月からは送迎燃料費も支給対応

  • 立命館アジア太平洋大学(APU)は国内学生の寮費減免制度を実施
  • 経済難の国内学生に寮費を半額負担
  • 寮費の減免制度は2023度の入学生から4年間実施

  • 秋田県大館市は奨学金返還の猶予の申請を受付中
  • 大館市奨学金を返還中で、大雨の被害を受けた方が対象
  • 問合せは学校教育課学事係まで

  • 宮崎県えびの市は「えびの市奨学生」を募集(2022年10月14日まで)
  • 入学一時金(50万円以内)と月奨学金あり
  • 高校等は月額2万円、高専は月額24,000円、大学等は月額4万円を貸与

  • 栃木県足利市は「とちぎ未来人材応援事業」で奨学金の返還を助成
  • 県内の製造業、卸売業・小売業、情報通信業、宿泊業に就職する大学生などが対象
  • 申込期間は2022年12月5日まで

  • 愛媛県内子町は「令和5年度奨学生」を募集
  • 経済的な理由で就学が困難な人に対して、奨学金を無利子で貸与
  • 高等学校奨学生に月額18,000円(10人)、大学奨学生に月額5万円の貸与(10人)

  • 福島で暮らしたい、働きたい、皆さんへ福島県が奨学金の返還を支援
  • 所定の産業分野の県内事業所へ就職し、県内で定住することを予定している県外在住の社会人が対象
  • 募集期間は2022年10月28日まで

  • 東京都足立区は大学等の進学に関する奨学金の個別相談会
  • 定員は12組程度(抽選)、電話・申込書を郵送・持参
  • 日時は10月29日(土)午前9時40分から午後0時10分

  • 千葉県佐倉市は「佐倉市高等学校等奨学金」を募集
  • 奨学金は年間8万円を上限に支給
  • 締切期限は2022年12月28日まで

  • 公益財団法人おりづる会は交通遺児を援護
  • 滋賀県内在住の交通遺児が対象
  • 新入学給付金、就職仕度金、学年進級支援金、高等学校卒業祝金、奨学金などの経済援護

  • 経済的に厳しい家庭の子どもたちが進学の夢を諦めることのないよう新たな取り組み
  • 一般社団法人「未来応援奨学金にいがた」は返済の必要がない“給付型奨学金”を支給
  • 奨学金は高校生に月額5,000円、大学生等に月額3万円を支給

  • 大分県由布市は奨学生を募集
  • 「貸与型奨学金」および「返還免除型奨学金」(条件付きで返還を半額免除)の貸与
  • 今回は一時金のみの募集、募集期間は2022年10月31日まで

  • 大分県豊後高田市は「大分県奨学会高等学校等予約奨学生」を募集
  • 貸与額は国公立で9,000円~23,000円、私立で15,000円~35,000円を選択
  • 申込期限は2022年9月中旬まで

  • 飯能市教育委員会は奨学生を募集中(2022年9月16日~10月28日)
  • 経済的な理由で進学または修学が困難な方に奨学金(入学一時金、修学金)を貸与
  • 入学一時金は20万円以内、修学金(月額)は高校等2万円、大学等3万円の貸与

  • 公益財団法人「服部国際奨学財団」は16の国公立大の学生、大学院生を対象とした奨学生募集
  • 返済不要の給付型で月額10万円の支給(支給期間は2年間)
  • 採用人数は25名、募集受付期間は2022年09月27日~10月07日

  • 養育費の不払いなどによる子供の貧困を防ぐため大阪司法書士会などが無料電話相談会を実施
  • 大阪の司法書士らが養育費の取り決め方や不払いに困っている人などを支援
  • 母子家庭で、実際に養育費が支払われている世帯は約24%

  • 長崎県大村市は「令和5年度大村市奨学生(高校生、大学等)」を予約募集
  • 貸与額(月額)は高校生1万円、大学生3万円
  • 募集期間は2022年10月3日~11月30日

  • 同志社大学は2023年度以降に入学する大学院学生対象の奨学金給付額を一部変更
  • 同志社大学大学院奨学金の給付額(年額)が31万円~43万円へ変更(研究科により支給金額異なる)
  • 同志社大学大学院特別奨学金の給付額にも変更あり

  • 同志社大学は「2022年度 同志社東京校友会奨学金」出願受付中(二次募集)
  • 関東甲信圏の都県出身で同志社大学に進学した就学支援が必要な大学生が対象
  • 出願期間は2022年9月21日~10月21日

  • 東京理科大学は2022年度 【後期】東京理科大学家計急変奨学金(こうよう会奨学事業)を募集
  • 奨学金は薬学部80万円、理学部第一部、工学部、理工学部、先進工学部60万円、経営学部、理学部第二部40万円
  • 2021年10月1日以降に家計急変が生じた学部学生・大学院学生が対象、募集期間2022年9月20日~10月28日

  • 医療法人社団社会福祉法人 刀圭会は「奨学金制度」を実施
  • 奨学金は月額5万円(看護師)、月額5万円以内(介護福祉士)
  • 将来資格取得を目指す学生を支援、応募は随時受付中

  • 和歌山県田辺市は「田辺市修学奨学金(貸与型)」募集
  • 貸与額(月額・無利子)は大学・短大3万円(大学10名・短大5名)、高校1万円(5名)
  • 受付期間は2022年10月3日~10月24日まで

  • 公益財団法人 似鳥国際奨学財団は「2023年度(上期)中学生」を募集
  • 奨学金は月額3万円(給付)、採用人数は最大150名(上期・下期合わせて)
  • 募集期間は2022年9月10日~11月20日

  • 公益財団法人 似鳥国際奨学財団は「2023年度(上期)高校生」を募集
  • 奨学金は月額4万円(給付)、採用人数は最大200名(上期・下期合わせて)
  • 募集期間は2022年9月10日~11月20日

  • 公益財団法人 似鳥国際奨学財団は「2023年度(上期)大学生」を募集
  • 奨学金は月額5万円(給付)、採用人数は最大110名(上期・下期合わせて)
  • 募集期間は2022年9月10日~11月20日

  • 公益財団法人 似鳥国際奨学財団は「2023年度(上期)外国人私費留学生」を募集
  • 奨学金は月額5万円(給付)、採用人数は最大100名(上期・下期合わせて)
  • 募集期間は2022年9月10日~11月20日

  • 公益財団法人 山形県生涯学習文化財団は「やまがた教育振興財団令和5年度奨学金」を募集
  • 入学料と2年間の授業料の合計額を貸与(無利子)
  • 大学院修了後、山形県内の公立学校の教員を目指す方が対象、申込期限は2022年2月25日

  • 東京都板橋区では経済的理由から修学が困難な方に修学に必要な資金を無利子で貸与
  • 奨学金(月額)は国公立17,000円以内、私立29,000円以内、入学準備金は国公立8万円以内、私立20万円以内
  • 毎年10月に板橋区の窓口にて予約募集を受付

  • フェリス女学院大学は「入学者選抜成績優秀者奨学金」制度を設立
  • 入学年次の基本授業料相当額(文学部・国際交流学部:825,000円、音楽学部:865,000円)を全額給付
  • 今年度からは2022年9月21日から出願受付を開始する「総合型選抜」における成績優秀者も対象

  • 青森県が仙台大学と就職支援に関する協定を結んだ
  • 県外大学に進学した学生のUターン就職を後押し
  • 仙台大学学生・保護者に青森県内企業の情報や奨学金の返還支援をする制度に関する情報を提供

  • 鹿児島県薩摩川内市は奨学金返還支援補助金の登録申し込み中
  • 30歳未満の方の市内事業者への就職および市内居住を要件に奨学金返還額を一部支援
  • 9月末日までの登録で翌年度から補助金の交付申請可能

  • 愛知県は2023年度から従業員の奨学金返済を支援する企業に補助金を支給
  • 福利厚生を充実させることで企業の人材確保を後押し
  • 補助対象は県内に本社を置く資本金十億円未満の中小企業

  • 埼玉県さいたま市には入学準備金貸付制度(無利子)あり
  • 貸付限度額は高校・高専等で20万円、大学・短大等で40万円
  • 申請期間は2022年9月6日~9月30日、2022年12月6日~12月26日
「最新の奨学金情報」
が届く!
友だち追加
友だち追加すると