【奨学金延滞する人が増えている?】奨学金延滞者に起こることまとめ

【奨学金延滞する人が増えている?】奨学金延滞者に起こることまとめ

近年奨学金を利用して進学しようとする学生は増えており、奨学金利用者数の増加に伴い奨学金を延滞する人の数も増えています。本来奨学金は自分が実現したいキャリアを経済的な理由であきらめてしまうことを回避するためのものなので、奨学金を利用して大学進学をするという夢を実現した後、さらに大きな夢を実現するために一生懸命頑張っていただきたいと思います。

一方で、卒業後の日常生活に支障をきたさないよう、事前に奨学金の返済計画を立てておくことが重要です。日本学生支援機構発行の「平成30年度奨学金の返還者に関する属性調査結果」に、延滞を回避するためのヒントが掲載されています。では、その内容を見ていきましょう。

奨学金申請時に申請手続きを完了した方

奨学金を申請した非延滞者の65.6%は「奨学金学生自身」であり、延滞者の36.7%は延滞者でした。また、申請時に申請手続きを完了した延滞者が親等の学生本人以外の割合は、非延滞者の2倍以上になります。

「国の教育ローン」の請負業者は保護者ですが、奨学金の請負業者は学生です。保護者が申請プロセスを手伝ってもかまいませんが、子供に代わって保護者に申請プロセスを行わせないでください。子供は自分が奨学金を返すという自覚を持ちません。

■滞納なし

本人65.6%/本人および親族16.5%/親15.7%/わからない・その他2.2%

■延滞

本人36.7%/本人および親族18.5%/親34.3%/わからない/その他10.5%

奨学金の返済義務について知ったとき

奨学金受給者が返還の義務を知ったとき、非延滞者の90.1%は「申請手続き前」であり、延滞者では51.1%と約半分でした。また、延滞者のうち、貸与終了後の返済義務を知っている人の総数は20.1%であり、11.5%の半数以上が「延滞通知を受け取った後」に知ったと答えた。

奨学金を申請することにより、学生は、奨学金を返還する義務があることを認識し、「延滞の催促を受け取った後」を知ることを回避することができます。奨学金を借りる際は申請をした奨学金に返還の義務があるのか否かをきちんと確かめておきたいですね。

■滞納なし

申請手続き前90.1%/申請手続き中5.4%/貸与中2.5%/遅延の催促前0.9%/その他1.1%

■延滞

申請手続き前51.1%/申請手続き中13.0%/貸与中9.0%/遅延の催促前8.6%/遅延の催促受信後11.5%/その他6.8%

延滞が始まった理由

延滞が始まった理由・きっかけは、「家計収入の減少」が67.1%と最も高く、「家計支出の増加」が39.5%、「入院・事故・災害等による」であったは 18.1%、「忙しかった」は14.1%でした。

延滞が続いた理由は、「自分の低所得」が64.0%と最も高く、「奨学金の非行の増加」が39.9%と続いたためである。性別では、男性は女性よりも「自分の借金の返済」の割合が高く、女性は男性よりも「配偶者の経済的困難」の割合が高い。

奨学金は、卒業後7ヶ月目(貸与終了後、3月卒業の場合は10月から)から返還が始ま史ます。収入が少なく、計画外の支出が多いため、就労初年度の貯蓄は難しい場合があります。また、学生としてアルバイトをすることで、返還のための資源を節約する方法を考案する必要があります。

奨学金を借りた新しい社会人は、マイナスの貯蓄から始めるので、家計簿で家計を管理し、支出を管理する習慣を身につけましょう。お金を無駄にする習慣をつけないことも重要です。

また、節約できるまで医療費をカバーするために民間医療保険に加入することを検討してください。レギュラータイプなら、安い保険料で大きな保証が受けられます。

延滞する前に

3か月間延滞している場合は、個人信用情報機関のいわゆるブラックリストに登録されます。登録が完了すると、クレジットカードの作成と住宅ローンの使用が制限されます。また、一度登録すると、返品完了後5年間は記録が残ります。

日本学生支援機構は、返還が困難な方のために「払い戻し期限の延期」や「払い戻しの減額」などの救済措置を講じていますが、認知度は高くありません。

調査によると返済前に猶予制度を知っていた人の割合は、滞納者が4.8%だったのに対し、滞納者以外は37.3%だった。返還が困難な場合は、必ず日本学生支援機構にご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?奨学金延滞の理由の多くは「奨学金を返済することを知らなかった」というケースが多いことがわかります。奨学金を借りることをこれから検討している方は必ず自分が借りる奨学金が返還の義務があるか否かは必ず確認してください。

また、すでに奨学金を借りている方も、自身が借りている奨学金が返還の義務があるかどうかをすぐに確認してください。

奨学金を借りることは自身の理想のキャリアを実現するための手段でしかありません。奨学金を借りて破産してしまうのでは元も子もないので、奨学金の特性を理解し、返済計画をしっかりと立てて利用しましょう。

前の記事
記事一覧
次の記事
同じカテゴリのコラム一覧
「ガクシー限定奨学金」
に応募できる!
今すぐチェック!!無料会員登録はこちら
会員登録すると